人気ブログランキング |

2019年 06月 03日 ( 2 )   

⑤ パリとウイーン・お墓まいり   

前ページのナポレオンのお墓に続いて、パリとウイーンにある
著名人のお墓詣りは、前述の通り、今回の旅の目的の一つ。

パリには「地球の歩き方」に載るような大きなお墓が3か所ある。

一番大きいのが「ペール・ラシューズ墓地」
 マリア・カラス、ショパン、エディットピアフ、ビゼーが
 見つかりました。
 
 他にもバルザック、ドラクロア、モディリアニ、モリエール
 マリーローランサンが眠っている。
 何と、ここは大きな墓地で、慣れないせいもあったけれど
 上記の4人を探すのだけで2時間も使ってしまいました。

モンパルナス墓地には、あこがれのサルトルとボーボワールのお墓が
あるので、是非参らねばと思って行くと、入り口近くにありました。
サン・サーンスは、なかなか見つからなく諦めて帰ろうとしたら
「日本から来たのに見つけて帰らなくちゃ」と近くにいた
おじさんがみつけてくれました。

サルトルとボーボワールは2人同じお墓の中、仲良し感が出ていて
良い感じ。
c0260050_23313557.jpg
c0260050_23320404.jpg
結局モンマルトル墓地には行かなかったけれど、ベルリオーズ、ハイネ、
スタンダールなどが眠っています。

さて、去年行き残したウイーンの「中央墓地」には
音楽家のお墓が、まとまって一か所に集められており、
とても参りやすかったです。
ベートーベン、シューベルト、モーツアルト、ブラームス、
ヨハン・シュトラウス親子 スッペ など

 代表してベート―ベンのお墓を。

c0260050_23445390.jpeg
お墓詣りをやってみて学習したこと。
墓地を訪れたら、まず事務所に寄り、墓地のマップと眠っている人の
名簿をもらうか、買うなりすること。

「地球の歩き方」に簡単な地図は出ていましたが、それだけを頼ると
迷う羽目に。

かくして今回の旅の目的の一つは達成したのであります。


by hygge-bo | 2019-06-03 23:54 | 日々の出来事 | Comments(0)

④ パリの美術館その2   

ミュージアムパスで二日目に回った美術館他は

①ロダン美術館
c0260050_00310171.jpg
c0260050_00313905.jpg
c0260050_00320031.jpg


②アンヴァリッド(ナポレオンのお墓がある所)
c0260050_00361259.jpg
c0260050_00363975.jpg



③ドラクロア美術館
c0260050_00374645.jpg
c0260050_00381574.jpg





④ポンピドー国立近代美術館
  ポンピドーセンターの5.6.7階にマチス~ダリまで思いのほか
充実している。
c0260050_00400820.jpg
c0260050_01055533.jpg
c0260050_00404510.jpg
c0260050_00411537.jpg






⑤ピカソ美術館
  2014年に改装工事が終了し絵画300点彫刻250デッサン多数
  とかなり充実している。

c0260050_00430360.jpg
c0260050_00432544.jpg
c0260050_00434199.jpg



⑥ザッキン美術館
 この彫刻家は今回初めて知ったが、個人的にはロダンより惹かれる。
 主に屋外の作品が素敵

c0260050_00512594.jpg

c0260050_00514730.jpg
c0260050_00521700.jpg
c0260050_00523578.jpg




⑦凱旋門
  お馴染の凱旋門 そして屋上から見たシャンゼリゼ通り

c0260050_00545937.jpg
c0260050_00552552.jpg




⑧エッフェル塔
c0260050_00555359.jpg




⑨2017年に日本の建築家坂茂氏の設計による  
「ラセーヌ・ミュージカル」6000人収容できる音楽ホール。
 こけら落としはボブ・ディランだったとか、建物だけ見て来ました。

c0260050_01102148.jpg

c0260050_00562806.jpg
c0260050_00570726.jpg
ちなみに2013年の12月にパリに行った時の記事はこちら
https://hygge324.exblog.jp/21094403/  

by hygge-bo | 2019-06-03 01:01 | 日々の出来事 | Comments(0)