2度目の皮膚科   

水曜日に初めて近くの皮膚科に行ったら、かゆみ止めの飲み薬と
顎と腕に塗る薬をもらって「金曜日にまた見せてください」と
言われたのだけど、

帰る道すがら「金曜日にまた見せて」と言われても忙しいし、
さっと収まったら、そんなまじめに来ませんよーなんてことを考えて
いたら、今日になっても収まるどころか、ますます水泡も増えて
います(笑)

薬を塗った後がべたべたして洋服につくのも嫌だし、他に移るのも
いやだと思って、今日その部分に包帯をして行ったら

「そういうのが一番いけないんですよ。肌を空気にさらさないと」
なんて怒られてしまいました。「人に移る性質のものじゃないから」と

「じゃあ寝る時、顎の薬が布団につくのも嫌なのでマスクをして寝まし
たけどそれもダメですか」って聞いたら 「そうです。どうしてもいや
なら布団の方に手ぬぐいかなんかあてておけばいいんです。」

そうか逆の発想すればいいのかと妙に納得して、今日は一段と寒いのに
やられた方の右腕を腕まくりして、帰りました。

関係ないけど、同時にその病院を出たおじさま、バーバリーの傘を
さして、FENDIのジャケットを着ておられましたよ。皮膚科に
来るのに、そのいでたち。どこのおじさんやねん。
[PR]

by hygge-bo | 2016-11-11 16:04 | 日々の出来事 | Comments(2)

Commented by tammy at 2016-11-12 12:20 x
災難でしたね。
皮膚関係の異常は鬱陶しいですね。
他人事ながら、想像するとむずむずします。免疫力が落ちてるんでしょうね。
お大事にね。
Commented by hygge-bo at 2016-11-12 15:51
ありがとう。いろいろ油断禁物ですね。腕も顎も見るとうんざりです。まだまだ時間かかりそう。友人に話したら、触ってなくても植物園に行っただけで、何日か後に同じような症状がでたそうです。そういうこともあるのね。
「チャドクガや毛虫はもっと全身に出てひどいわよ」と慰められています(笑)

<< クレズマー音楽つながりその2 プロセスチーズとナチュラルチー... >>