クレズマー音楽つながり   

ビッグサイトのイベント大好きの連れ合いが土曜日に行ってきて
楽しかったよというので、今日は私が行ってきました。
ツーリズムEXPOジャパン

聞くところによると、このイベント、毎年やっているらしいのですが、
各旅行会社、日本の各府県、世界の都市のブースがあり、それぞれの県
や国への旅を勧誘するため、色々工夫を凝らして見どころをPRしたり、
パンフや特産物を紹介したりします。

それぞれのブースのほかに、3か所ほど特設ステージがあり、ここで
色々なパフォーマンスも行われます。

私は今回は何に惹かれたかというと、25日のBステージの最初に
「イスラエルの魂の音楽・クレズマー」30分がある事でした。

何しろ6月にポーランドで初めてユダヤの「クレズマー音楽」なるものに
触れてきたので、すぐ反応してしまったというわけです。

このステージに間に合うようにと、横浜からお台場直行バスに乗って
駆けつけたところ、イスラエルの人が演奏されるのかと思ったら
日本では唯一のクレズマー音楽奏者という、日本人のクラリネットと
アコーディオン奏者のユニットでした。「オルケストラル・ドレイデル

途中からイスラエルのユルキャラの「シャローム」も参加して
楽しい30分でしたが、それにしても一体どういうきっかけで、
日本人でこういうグループができたのだろうかと興味津々でした。

そんなことを考えていたら、午後になって、偶然館内で
アコーディオン奏者に出くわしてしまいました。こうなると、またまた
私の好奇心の塊がうごきだし、その方に声をかけてしまいました。

彼女は元々シャンソンやジャズやクラシックのアコーディオン奏者
だったのだけど、5年前からこの音楽をやっているそうです。
きっかけはユダヤ人の生き方に対する興味からだったとか。

私はクラクフで聴いてきたといったら、クラクフはクレズマー音楽の
聖地なんですといわれ、またびっくり。ここでまたひとつクレズマー
音楽を通して、つながりが出来てしまいました。

写真はそのステージです。
c0260050_21534171.jpg


もらったパンフによると「東欧ユダヤ音楽ワークショップ」
11月18日から20日まで予定されており、17日には両国で
18時からその関連演奏会もあるようです。(1000円)
[PR]

by hygge-bo | 2016-09-25 22:13 | 日々の出来事 | Comments(0)

<< アー怖かった!! 落とし物?忘れ物? >>