やっぱり梨は「20世紀」   

大学を卒業をするころまで、ずっと関西にいたので、
梨と言えば「20世紀梨」でした。関東に来て初めて
幸水や豊水という茶色系の梨の存在を知りました。

ついでに、納豆も小さいころはサザエさんの漫画で見た
くらいで実際に見たり食べたりしたのは、関東に来てからです。

数日前こちらのスーパーでその「20世紀梨」を見かけたので、
早速買って食べてみましたが、やはり甘くて、実がサクサクして
いて美味しく、私にとってはやはり一番の梨です。

話変わって、先日友人の家でごちそうになったキビナゴのお刺身
とても美味でした。小さい魚で準備には手がかかりそうですが
とても上品な味で、感激。
写真はネットからお借りします。
c0260050_1125479.jpg

[PR]

by hygge-bo | 2016-09-03 11:34 | 日々の出来事 | Comments(2)

Commented by tammy at 2016-09-03 19:53 x
こんばんは!
梨はおいしいですね。
私達の若い頃は20世紀がおおかったですが、最近は大阪でも幸水、豊水が多いんですよ。20世紀は甘いのにあたったらいいのだけど、はずれたときは酸っぱいときがあるので、豊水のほうがあまりハズレがないような気がして、豊水を買う方が最近は多いです。ちなみに今晩は20世紀たべましたが、甘くっておいしかったです^_^
Commented by hygge-bo at 2016-09-03 21:05
今は流通網が発達してるので、全国どこでも色んな地方の物を食べられるんでしょうね。私もこちらで20世紀を見つけた時、この辺で売ってるのだからって、あまり期待してなかったのだけど、お値段もそう高くないのにとても美味しかったのでちょっとびっくり。20世紀の特徴は芯をしっかり取らないと、時々酸っぱさが残ることありますよね。ほかの梨はあまりそういうことを考えなくてもいいけど。今年の20世紀は
特に美味しいのかな。

<< スイカの皮もピクルスに メダカの病気 >>