人気ブログランキング |

イタリア語そっちのけ   

昨日は月に一度友人の家で、イタリア語らしい(?)
会話をして遊ぶという日だったのですが。

娘さんと2人暮らしの彼女のマンションの一室に、最近
ピアノのための防音室装置を入れたとのことで、見せてもらっているうちに
2人でピアノの上に置いてある楽譜をかたっぱしから歌い始めました。

意外と初見に強い私がピアノ、数年前までドイツリートなど練習していて
2オクターブ上のC(ド)まで出るという友人が歌って、(さすがに昨日は
しばらくぶりに声を出したとかでH(シ)までがやっと)あっという間に
1時間が過ぎ、最後は「中学生の音楽」の本なんか開いて「花」を合唱。

てなことで「こういうのいいねぇ、これから歌と語学の2本立てで行こうか!」
という事になりました(笑)

折角だから、イタリア語も少しやろうかとお茶のあと試みましたが
2人とも予期せぬ歌で興奮したせいか、「今日は火曜日、えーっと
なんだっけ・・・lunedi, martedi ・・・あ、martedi か」
としどろもどろ。

でも語学に関しては超意欲的な彼女、「じゃ今日はイタリア語はやめて
残りの時間は英語で話そう」と英語を強要(?)され、タダでは帰して
もらえないという感じでした(笑)
でもこういう彼女も、私にとっては貴重は友人かもね。

ところで話はそれますが、彼女の夫君は淡路島の広い実家でfishing,
野菜栽培、ゴルフと自由な別居生活。この例は国内での別居生活ですが、
最近私の周りでは、パリと北海道、ニュージーランドと東京など、色んな形
での夫婦別居生活があり、子育て後の夫婦のあり方が多様になってきて
います。「卒婚」という言葉も市民権を得てきたのかもね。

それに引きかえ、うちはお昼も夜も夫婦で勝手に動いていて、お互い
自由きままに生活しているけれど、長く離れて暮らしたことはないなぁ。

しかし遠い別居生活も、この先どちらかが病気になった時が分岐点
になるんでしょうね。

考えることはいっぱいありますね。

by hygge-bo | 2016-01-06 11:12 | 日々の出来事 | Comments(0)

<< 須賀敦子 静かなる魂の旅 ブログが見れないとの連絡 >>