今年もMETライブの始まり   

今年もN.Yのメトロポリタンオペラのライブビューイング
が始まりました。ライブビューイングが始まって今年で
10周年だそうです。

最初の演目はヴェルディの「イル・トロヴァトーレ」
火あぶりの刑だとか、火の中から子供の焼けた骨
が出てくるとか、内容がおどろおどろしいので、あまり好きな
演目ではないのですが、重唱、合唱、オケの音楽がきれいと
いう定説もあるし、ネトレプコがMETではこのヒロインに初挑戦
ということもあり、今日見てきました。

3幕4幕が圧巻、思わず引き込まれてしまいました。
8月頃に脳腫瘍と診断されたとかで、出演を心配されたバリトンの
ホヴォスフスキーも見事に歌い終わって、観客からもオケのメンバー
からも喝采を浴びていました。

来年9月に、この演目をやる予定の歌劇団もあるので、オーケストラ
の動きに注目して聞いていましたが、さすがヴェルディ様、舞台上の
物語の流れによくマッチした音楽を作っておられますわ。

by hygge-bo | 2015-11-02 16:27 | 音楽 | Comments(0)

<< あきらめてはいけない・その2 柳澤協二氏の講演 >>