やっと見れた高遠の桜   

15,16,17日で久々に八ヶ岳に行ってきました。

主な目的は念願の「高遠の桜」を見るため。何年か前にネットで
「高遠の桜、開花」とあるのを目にして、期待して駆けつけたら
「開花」とは花が咲き始める時のことをいうようで、ほとんど
咲いておらずがっかりして帰ってきたことがありました。

今回は先週の土日にお天気の悪い中、満開を迎えたようで、そのあと
寒い日が続いたので何とかきれいな桜を見ることができました。

観光バスなどは例年の予測から今週の土日に多く予定して
いるらしく、中の売店のおばちゃんが「花が持つかしら」と
ぼやいておられました。

ここ高遠の桜は明治8年ごろから植えられた樹齢130年を超える
老木をはじめ1500本の桜の樹林で、どこを見ても桜桜。
十分桜を堪能しました。
c0260050_12431872.jpg

桜を見た後、けっこう時間があったので、帰りに諏訪大社
(下社秋宮、下社春宮、上社本宮、上社前宮の4社)を
見て回り、それぞれ4本づつ立ててある御柱を見つけては
「あった、あった」と確認してきました。

御柱祭は7年ごとに行われるそうで、次回は来年28年度。

それはそうと今回の初日、高速を韮崎で降りて七里岩ライン
を通って新府桃源郷によった所、桃の花が満開、不順なお天気
にも拘わらず、その瞬間だけ雨もやみ、写真の撮れる状態に、
c0260050_12443861.jpg

そしてもっと特筆すべきは、家に近づいた静かな赤松林
の道路を通ったら、10頭以上の鹿の雌の群れに出くわしました。
車を止めると、向こうも一斉にこちらを向き「何か御用?」
って感じで一瞬停止し、次の瞬間森の中に入っていきました。
人家に近いところでこんなにたくさんの野生の鹿を見るとは!
c0260050_1245356.jpg

[PR]

by hygge-bo | 2015-04-18 12:47 | 日々の出来事 | Comments(0)

<< 東林間「ふくろふ森」 ホワイトタイガーの赤ちゃん >>