人気ブログランキング |

上野千鶴子講演会   

以前この欄にも紹介した友人の娘さんの若い弁護士さんからの情報で、上野さん
が憲法について話をされるというので行って来ました。

「どんな憲法がほしいのか」ー上野千鶴子が自民党憲法改正草案を斬るー
というタイトルのもと始まった講演。エスプリの利いた上野節はいつ聞いても痛快
ですが、以前よりは少しマイルドになられたかな。

話の骨子は現在「改憲」「護憲」のイメージが、改憲派が革新的で、護憲派は保守的
であるようなイメージのねじれ現象が起きていいるが、そんな中上野さんは「選憲」と
いう道を選びたい。

世界でも65年間も一度も憲法をいじらなかったという国も珍しく、戦争を知らない
世代も多くなってきた今、現在の憲法を見直して選びなおす。

現在の憲法に異論を唱えたいのは、天皇が元首という自民党改正案は持ってのほか
だが、象徴というのもおかしい、天皇は物ではなく人間なのだから。 またPeople を
「国民」と訳したのも間違いで「人々」か「人民」とすべきだった。

また自民党の憲法改正草案は、全体的に国家の安全保障に重きを置いた草案
なので人間の安全保障はない。国より個々の人間の幸せの方がはるかに大切。
そういう観点で自民党改正草案を読めば、多くの危険な個所が読み取れるはず。

と言いながら、今日の講演会を主催した、資料代も入場料も無料という太っ腹な
横浜弁護士会の用意した分厚い自民党改正草案のページをめくりながら、色んな
条項に鋭いコメントがありました。

さすがネイムバリューのある上野さんの講演、1000人ほどのキャパの会場はほぼ
満員でした。

by hygge-bo | 2013-09-26 23:27 | 日々の出来事 | Comments(0)

<< 整形外科医の答え ふとまわりを見たら >>