美味しかった「ねぎ塩豚丼」   

昨日オケの練習に行く前に、夕食によく立ち寄る安い中華料理店
で「豚ねぎ丼」をたのんだら、斜め切りしたねぎが
ふんだんに入っていて美味しい「豚ねぎ丼」でした。

余談ですが、このお店(横浜ジョイナス)今野菜がとても高いのに、
先日は肉野菜炒め定食をたのんだら白菜、玉ねぎ、人参、もやし、
きくらげが、これもふんだんにはいっており、気前の良いお店です。

それで、今日は、丁度近所から深谷ねぎを沢山頂いていたので、
家でも「ねぎ塩豚丼」を作ってみました。

参考にしたのはこちら
https://cookpad.com/recipe/1375095 

私の方はごま油でお肉を炒め、炒め過ぎないようにお皿にあげて置き
そのあと、ねぎを多めに2本全部斜め切りにして入れて炒めて、
あとはレシピのとおり。

中華風だしやレモンの味がよく効いていて、
なかなか美味な「ねぎ塩豚丼」でした。


[PR]

# by hygge-bo | 2018-02-24 19:15 | 料理 | Comments(0)

文楽を見てきました。   

昨年人間国宝にになられた文楽の人形遣いの吉田和生氏を
後援しておられるお知り合いからお誘いがあり、国立劇場
で初めて生の「文楽」人形浄瑠璃を見てきました。
http://www.ntj.jac.go.jp/kokuritsu/h30/bunraku_2.html

吉田氏から直々に人形の動かし方の説明があったり、舞台裏や
楽屋を案内して頂いたり、とても興味津々でした。

一つの人形を顔と右手、左手、足と3人で分担して動かし
左手と足の担当の人は黒子で顔は出さないそうです。

実際にお芝居(今日は「摂州合邦辻」ほか)を見ると、
人形遣いや三味線のすごさもさることながら
太夫の語りの、演劇人も真っ青というすごさに感動でした。

やはりどの分野でもプロはすごいわー。

ネットに吉田和生氏の記事がありました。
http://www.fujingaho.jp/lifestyle/_kazuoyoshida_bunraku_20170904

文楽、歌舞伎、能、狂言、日本の伝統芸能も大切にしたいですね。




[PR]

# by hygge-bo | 2018-02-21 22:12 | 日々の出来事 | Comments(0)

電子レンジ料理   

先日テレビで、村上祥子さん(管理栄養士、料理研究家)が
電子レンジで出来る、一人分のお料理ということで
「サバの味噌煮」「肉じゃが」「ポークカレー」を
紹介されてました。

村上さんは長年料理を研究してこられ本も300冊以上
も出されているという75才の超ベテラン料理研究家。

「電子レンジで2分~8分で出来るの?」とすぐ興味を持って
ポークカレーをやってみました。野菜も柔らかくなっていて
なかなかいける!

材料(一人分)
豚肉薄切り肉  60g
じゃがいも    1/3   (30g)
にんじん    3cm(30g)
玉ねぎ      1/6 (30g)
カレールー   一皿分
水       150g    を適当に混ぜて600Wで8分
 

今度はサバの味噌煮をやってみよう。

そして、今日は高脂血症、糖尿病にも良いという「発芽玄米」
を買ってきたので、発芽玄米1:白米2で、
レンジでたいてみました。
c0260050_23172423.jpg
甘くて噛みごたえがあっていいかも。ちょっと続けてみよう。

関連する本を集めてみました。
c0260050_23185426.jpg
 

[PR]

# by hygge-bo | 2018-02-17 23:23 | 日々の出来事 | Comments(0)

迎賓館赤坂離宮   

一度見たいと思っていた迎賓館赤坂離宮。
友人が内閣府に申し込んでくれて当選し、連れ合いも一緒に
見学してきました。

明治42年に東宮御所として建てられ、国会図書館や
内閣法制局などとして使用された後、昭和49年に現在の迎賓館
として改修されたとか、

最初にこの舘を手掛けた片山東熊ほか2名の建築家は、
現在の東大の建築学科を出たばかりの1期生で、
彼らを教えたのも2才年上(25才)の若いフランスの建築家
だったとか。

ヴェルサイユ宮殿を思わせるような
それでいて、中の細工は菊の紋章、兜、刀などが
施してあり、和洋折衷の素晴らしい舘でした。

同じく昭和49年に、新設されたという和風別館
は谷口吉郎氏の設計で、ヒノキ、竹 雄勝石といった
日本の最高の建材を用いた茶室や、和食でもてなす
主和室などがありました。

一度みておけば、これから各国首脳や国賓を招いての晩餐会
の様子も身近(?)に感じることが出来るでしょう。
私の収めた税金も、ここのどこかに使われてるかもしれないものね。

写真が沢山見れるサイトはこちら、
http://event-checker.blog.so-net.ne.jp/geihinkan-kengaku
一般公開の内閣府の資料はこちら、
http://www.geihinkan.go.jp/geihinkan/akasaka/koukai.html








[PR]

# by hygge-bo | 2018-02-15 23:52 | 日々の出来事 | Comments(0)

白テンの剥製   

今日は連休の最終日という事で、
山北のぼくちゃんが、Namy ちゃんに会いに来ました。
午前中早く着いて、時間もあり、お天気も良かったので、
急に「ズーラシア動物園」に行こうということになりました。

彼らは、キリンやシマウマやライオンのオスのいる
サバンナ地区が出来てから、まだ行ってなかったので、とりわけ
そこを見るのが楽しみだったようです。

c0260050_17212341.jpg
c0260050_17214247.jpg
c0260050_17220570.jpg
私の方は、偶然立ち寄った休憩所の隣に展示してあったいくつかの剥製の
動物のうちの「白テン」が目が留まりました。「アッ、白テンだ!!」

実際には見たことがない白テンですが、一昨年ポーランドに行った時に
クラクフで、ダ・ヴィンチの「白貂を抱く貴婦人」の絵を見たことを
思い出したのです。 「モナリザ」と雰囲気が似ている素敵な絵です。   
    
c0260050_17351738.jpg


今日見た白テンの剥製。テンはイタチの仲間だそうです。
それを抱くということは、今でいうフェレットのような感覚なのかなぁ。   
c0260050_17262096.jpg
何かとても貴重な物を見たような気分になりました。



[PR]

# by hygge-bo | 2018-02-12 17:44 | 日々の出来事 | Comments(0)

「フィガロの結婚」   

言うのをはばかれるのですが、私はモーツアルトのオペラはあまり
好きじゃなくて「ドン・ジョバンニ」とか「後宮からの逃走」は
まあいいのですが、とくに「フィガロの結婚」とか「魔笛」
は人が言うほどに、好きになれないなぁとずっと思ってたのです。

ところが今回フェリスのお嬢さんたちの卒業演奏会の
「フィガロの結婚」の伴奏に付き合って練習していて、
いよいよ10日(土)が本番なのだけど、

メロディ―のきれいなこと!! 素晴らしいこと!!
演奏するところが28曲くらいあるのだけど、
どこをとっても、素敵!! やっぱりモーツアルトは
多くの人に愛される偉大な作曲家のはずですね。

それに見るより弾く方が数段楽しい。
一曲一曲慈しむように練習しています。

2年がかりで準備してきたフェリスのお嬢さんたちの本番、
弾きながら楽しませて頂きましょう。男性歌手はプロです。

[PR]

# by hygge-bo | 2018-02-08 22:27 | 音楽 | Comments(0)

また一人「脊柱管・・」を救えるか?   

友人男性から来た年賀状に「去年の10月頃から脊柱管狭窄症の症状
に悩んでます」と何げなく書かれていたので、

「なに? 脊柱管狭窄症? これは私の出番!!」とばかりに
「狭窄症に効果のあるストレッチFAXしましょか」っと
すぐメールを送ったところ「お願いします」ということになり
FAXを送りました。

送った後も、いろいろ気になる事もあったので「元旦から何ですが、
今日は客もなく暇なので、お電話でもしましょか」とメールしたら
「お電話は、セカンドオピニオンも聞いてから、またよろしく」
と返事が来て「脊柱管狭窄症が貴女のそんな熱いサブジェクトとは
知りませんでした」とも書いてありました。
よほど勢い込んでメールを送ったのでしょう(苦笑、爆笑)

その後どうなったかなーと思っていたところ、数日前にメールがきて
「貴女の教えてくれたストレッチ、騙されたと思ってやってみました。
効果は抜群、すっかりはまってます。」ということで
お正月の頃は2,30m位歩くと痛みが走った(間欠破行の症状)が
今は15分位は歩き続けるようになったとの事。

もう少し続ければ、完治するかどうか。
また一人狭窄症を救えることになるのか。経過を見守ります。
今まで何人の人にこのストレッチをFAXしたことか。
もう8年も前に「わかさ」という健康雑誌に脊柱管狭窄症に効果ありと
紹介されていたストレッチです。
(私も6か月苦しんだあと、このストレッチを1か月続けて生還)

c0260050_11003607.jpg



[PR]

# by hygge-bo | 2018-02-07 11:10 | 日々の出来事 | Comments(0)